リハビリテーション科

リハビリテーション科では、入所・短期入所・通所・訪問でのリハビリテーションを行っています。
スタッフは急性期・回復期を経験した理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が配置されており、利用者様のニーズや状態によって対応させていただいております。

リハビリテーション科

リハビリテーション室は明るく・ゆったりとした空間となっており、治療用ベッドや平行棒及び治療用階段が設置されています。

リハビリテーション科

スタッフとの基本動作訓練や歩行訓練はもちろん、利用者様の能力によっては自主的に歩行訓練をされている方もいらっしゃいます。
また、パワーリハビリ機器等も設置しておりますので、利用者様に合わせた負荷で運動し、筋力や体力の維持・向上を図ったり、介護予防目的で利用される方もいらっしゃいます。

リハビリテーション科

リハビリテーション科は利用者の皆様が日頃行っている動作を努力的でなく、より楽に安全に日常生活を送るために心身の状態を整え、より良い生活環境で過ごしていただけるようなお手伝いをしております。
入所では個別リハビリテーションで身体の状態を整えることはもちろん、日常生活動作の検討や車椅子などの福祉用具の選定・調整なども行います。

リハビリテーション科

また、利用者様の施設内での楽しみの一つはお食事です。出来る限り口から食事をとれるよう、必要に応じて言語聴覚士が食事の様子を評価し、食事形態や食事の仕方についてアドバイスをするような取り組みをしています。
更に認知症の方の場合には、認知症リハビリとしてご本人の興味に合わせた簡単な工作や手芸作業をしたり、計算や音読、歌を歌うなど脳の活性化を目的とした内容のプログラムを行っています。
これらの活動を通して徐々に表情が柔らかくなり、落ち着かれる方がたくさんいらっしゃいます。

リハビリテーション科

ご自宅へ退所される際には、ご家族への介護指導・地域の介護スタッフへの情報提供を行い、実際にお宅へ伺って環境調整などを行う場合もあります。
また、ご自宅へ戻られてからも通所リハビリ・訪問リハビリ・短期入所等で継続したサポートをご提供いたします。

リハビリテーション科

在宅での生活において適切なサービスを利用し、利用者様はもちろんご家族にとっても快適に過ごすことがリハビリテーションの大きな目標となります。
利用者様が在宅で他の福祉サービスをご利用であれば、地域のサービススタッフを情報交換なども行い、ご自宅での生活に合わせたリハビリテーションを行っていきます。